みんなのリタ公園

Melody♪Crystal Work -- 心の世界を旅したり、ただのんびりしたり、みんなで公園づかいするブログです
0

いいのよ気にしないで

リタ公園をご散策の皆さま、
こんばんは
ご来園くださり、ありがとうございます

公園の管理体制を完全にミニマルにして
カレンダーづくりだけに安住していたら、なんと!
公園に来ると広告が真っ先にドーンとく表示される事態になっていました


申し訳ございません


FC2ブログは
あんまり新しい記事がアップされないブログには
自動的に広告を表示するルールになっていまして、、、


たいへん失礼しました
この記事をUPしたから、しばらくは、もうそんなことにはなりません


さて、自分の公園がそんな状態になっているとも知らず、
今朝、私にしては珍しくリアルな夢を見て
ふーむ、これは久しぶりにブログでも書こうかしらと思っていました

ただ、決して楽しい話ではありません

暗い気分になりたくない方は、
どうぞ、やめておいてください



♪――


広い会議室か、大きな宴会場のような場所
畳ばりの和室だったか、
オフィス・ビルの中の、大きな窓のある明るい会議室だったかもしれない

10数名の人-それは、わたしの同僚、先輩、上司、
その他にも、この仕事に関わっている人たちが
テキパキと準備を進めている

そこには、なぜか私の母もいる
設定は現実とほぼ同じで、
私の年齢はいわゆる中年だし、母はおばあちゃんだ

母は(現実と同じで)年の割には圧倒的に元気で
若い人たちに交じって同じ作業をして
テキパキと手を動かし、時々指示を仰がれて、簡潔に答えている

どうやらこの仕事には、母のコネなのか経験値なのか、
なにかが役に立つらしくか、母のような人が必要だったようで、
それを私が仕事仲間に伝えたところ、

「じゃあ、ぜひ、お母さんに来てもらいたいね」

ということだったのだと思う


私の母にしても、
娘の仕事先の人がそう言っていて、
娘から頼まれれば、悪い気はしない

悪い気がしないどころじゃない
飛びあがるほどうれしかったはずだ

「子供たちには迷惑をかけたくない」と思って日々頑張ってるし、
それが、何かのお手伝いができて
いたほうがいい、じゃなくて、いないと困る、というのは


そんな誇らしいことはない

この準備の場は、いちおう私の仕事の場でもあるから
母は、控え目に、でも一生懸命に、
自分のできる役を全うしているように見えた

どうも、この後、ここで用意したものをどこか会場に運ぶらしい
それは、どうやら誰かの結婚式か何らかのお祝いの席で、
決まった時間までに絶対に届けなければいけないのだ

準備が全て終わって、一瞬みんなが安堵の表情を見せた
今度は完成したものを車に積み込む
時間はギリギリだ

多少重さがある荷物なので、こうなると母の出番はない
男性や若い子たちが
次々と数台の車に出来上がったものを積みこんでいく

私たちがこの準備をしていることを
宴会の招待客たちは知っているようだった

この素晴らしいものを用意したのは、この人たちですよ、と
私たち全員が会場で紹介されることになっているらしい

確かに皆ちゃんとしたスーツや、ちょっとフォーマルな服装だ
母もそうだった

なんだ、全然気づかなかったなぁー
そんな余裕、なかったもんね
でも間に合ってよかった!

荷物が全部車に収まった
時間的には遅刻ギリギリだ
早く、みんな車に乗らなくちゃ

いつも一緒に仕事をしている仲間なので、
いつものノリで皆テキパキと
空いている席に乗り込んでいく

ふと母が心配になって見てみると、
どの車に乗ってよいか分からず、
戸惑っているようだった

ひとりでポツンと立っている

私は目の前で私が乗るのを待つ車に乗り込むのを止め、
一台前の車の助手席まで走っていった
この準備作業のリーダーのオッサンがシートベルトを締めようとしていた

「xxxさん、母は
どなたの車に同乗すればいいですか?」

助手席の窓から顔を突っ込むように私は言った

その途端、その男が(しまった)という顔をした
ハンドルを握っていた男は、まっすぐ前を見たままだった
後部座席にいた私の後輩3人は全員スマホに目を落としていた

彼らが母を切り捨てると決めるのに
一秒もかからなかった 見事ですらある
「じゃ先行ってるね」

走り去るエンジン音が、お前も遅刻すんなよ、と言っているようだった

彼らは母の人数に入れるのを忘れていたのだ
私は怒りで頭がいっぱいになり、
自分に用意された最後の一席に乗らなかった

少し遠くに、母がぽつんと立っているのが見えた

少しだけ困った顔をして
いいのよ気にしないで、と言っているように思えた


――♪


夢はここで終わりです

目が覚めて、なんでこんな夢を見たんだろう、と思いつつ、
きっと私は遅刻して会場に乗り込み、怒り狂って関係者を怒鳴り散らし、
せっかくの祝宴を台無しにするんだろうな、と
夢の続きを想像しました

でも、別の状況では、と考えてみれば、、、

わたしは後部座席の後輩だったこともあるし、
「先行ってるね」と平気で言い放ったこともあるし
運転手として車を発車させたこともある

会場にいて、何があったかは全く知らずに届いた品物に喜び、
幸せいっぱいになったことも、多々ある

もし私が怒りに任せて皆を怒鳴り散らし、
せっかくの祝宴を台無しにしたなら、
母は、ちょっとだけ嬉しいかもしれないけれど



あなた、バカねえ、、、



娘の未熟さに、がっかりするんでしょうね



*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*
リタ 公園のお店 Rita♪Koen
*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*
最新ニュースはリタ・コーエンtwitterで 
FBインスタからもお届けしています
*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*::,..,:*


スポンサーサイト
0

ギブ・アンド・テイク

リタ公園にご来園中の皆さま、
こんばんは

今日から新学期や新年度がスタート、という方も
多いかと思います
桜も咲いて、すっかり春ですね

今日、いつもどおり仕事から帰ってきたら
ポストに一通の手紙が届いていました
差出人に、仙台市若林区区民部まちづくり推進課、とあります




なんだろう



仙台市若林区には、覚えがあります

あの震災からたしか半年以上が経ち、
東京もずいぶん落ち着きを取り戻した頃

東北によく足を運んでボラティアをしていた同僚から
「もう要らないひな祭りの人形がないか」
と聞かれたのです

ちょうど夫の実家の引っ越し作業で荷物整理していて
義理の妹のものだった立派な7段飾りのひな祭りセットを
どうしたものか、と思っていた矢先でした

仙台の、ある大きな仮設住宅で
ひな祭りの飾りを受け取ってくださるところがある、と
その同僚が確認してくれて、お譲りすることになりました

あの震災で何らかの被害に合われた方に
自分にも何かできることが見つかった、という
安堵に近い気持ちでした



あのときのことは、色々覚えています



人形の詰まった大きな箱を車に乗せて
夫とふたりで
近くの、クロネコヤマトの営業所に持ち込んだこと

お内裏様がうまく箱に収まらなくて
ヤマトの方がていねいに詰め直してくれたこと

宛先が仮設住宅であることが分かり
その場に居合わせたほかのお客さんや
営業所の方たちの表情がサッと変わったこと

その荷物を送った数か月後、
私と夫は図々しくも、その仮設住宅にお邪魔まで
させてもらいました

震災から、すでに1年が経っていました



今日、その仙台市若林区から届いた手紙は、
お礼の手紙でした



A4の紙に綴られた文章には、
国内外から幅広い支援を得たことへのお礼、
仮設住宅の解体が終わり、移転などの復興が進んでいること、
まだ課題も多く、真の復興には時間がかかること

そして最後に、お礼の言葉が書かれていました
「誠にありがとうございました。」

thankyouletter.jpg


お礼を言いたいのは、こっちのほうです


今日、この手紙を読むまで
自分でも気づいていなかったけれど、、、、

あのひな人形を受け取ってもらえたことで
実は、私自身がずっと救われていたんだな、って

人の助けになれることは、大きな幸せをくれる

今日いただいた手紙は、
あのころの思いを忘れるな、初心に帰れ、と
言っているようです

*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*
リタ 公園のお店 Rita♪Koen
*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*
最新ニュースはリタ・コーエンtwitterで 
FBインスタからもお届けしています
*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*::,..,:*

0

コップの水があふれるように

リタ公園をご散策の皆さま、
こんにちは
立春が過ぎましたね

年明けからずっと、
立春を迎えるにあたって、私はこれから一年、何がしたいだろう
この一年に限らず、本当に本当には、何がしたいんだろう

ぼんやりと、考え続けていました



翻訳の仕事.、、、かな



結局のところ、クリスタル以上に、メロディさんのタロット以上に
私の興味の対象は、言葉であるように思うし
だけど、、、、

どうもしっくりこない クリアな感じがしない
どんな分野の翻訳? 
クリスタル? タロット? もっと広くとらえて、精神世界?

そんな気もするし、そうでない気もする

でも、たとえばプロとして、ある分野の本を訳す気合があるなら
もっとその分野を勉強しようと、
日本語の本をジャンジャン読んで勉強したりとか、、、



するんじゃないかな?



そういうことが苦にならないはずだよね
本当に心の底から、何かをやりたい、達成したいと思っているならね

だけど、わたしって、そこまで精神世界の本を
ガツガツ読んだりしてない
、、、、かも?

このやる気のなさは、たとえばタロットを例にあげると
けっこう頑張って勉強を続けてきたのに
自分が期待しているほど、タロットが分かるようになったと思えない

っていう思いから、生まれていると思う



今の自分に不満


私、もっとタロットのこと、分かるようになってても、
良さそうなのに、、、、という
不満

そんな気分で、立春を迎えました

しばらく前に、クリスタルを使ってワークしてみたんです
どうやったらタロットが理解できるようになるか? 
理解が進むのに一番良い方法はなにか? って

答えは
「自分の日常とエレメントを結びつけて考えてみる」
でした


うーむ


これが、分からないんだってば
火だか水だか、空気だか、土だか
もう全然分からないんですけど!!!

と、文句たれつつも、この半年ほど、
いわゆる最もポピュラーなタロットである
ライダーズ版の解説書をコツコツ読んできました

そもそも私が理解したいのは、
最終的にはメロディさんの書いたクリスタルについての
説明であり、彼女の著書だったのですが、

どうもそれを読み解く鍵のひとつは
メロディさんのつくった「クリスタル・タロット」にあるように思い、

まあ、少なくとも私には、
タロットの勉強をしてみることが
自分の努力でなんとかできそうな次の一歩だった

そして、その「クリスタル・タロット」を手に取ってみれば
クロウリーのつくった「トート・タロット」をベースにしていると
メロディさんご本人が記されている

はいそうですか、と、トート・タロットを勉強してみた
けれど、クロウリーの説明は基本を全部すっ飛ばしていて
ライダーズ版のタロットを学ぶところから始めないと、結局分からない



仕方あるまい



ライダーズ版、勉強してみるか



どうせ解説書を読むなら
最近出たもので、分厚くてもいいから全部を完璧に網羅してそうな、、、、
と思って、評判のよさそうな本を手に取り

で、かれこれ半年くらい、ほんとに少しずつ、じっくり読み進めて
なんとか大アルカナの部分を読み終えて
今月に入って、ついに小アルカナのカップの説明に到達しました

それでも、まだ、最初の5分の1くらいかな
まだまだ先は長い
そして、カップ、つまり水のスートの説明はこう始まりました



「カップのスートは、人間の感情を表す」



なるほど
そうですか、そうですよね
感情ね、ひとの気持ちね

うーむ
苦手分野
相手の気持ちを察するとか、分からないのよ私

タロットを理解したい理解したいと思い続けてきたけれど
そもそも、自分が生きている中でいろんな感情を経験したりとか
相手の気持ちをおもんばかったりとか

笑ったり、泣いたり、本気で怒ったり、、
心豊かに日々を生きて自分の中に理解のベースをつくり

さらにその上で、感情ってものをちゃんと分析できないと
カップのカードの意味は分からないかも?

かも?

そう思ったら、解説書を読み進めるスピードが
ググーッとスローダウンして、全然読む気になれない
だって、どうせ私にはカップのカードなんて理解できないだろうから!



チェッ!!!



どうせどうせ私なんて
一生わからないんだぁああああ
と、2月になって、一人ふてくされていました

さて、
話はここでガラリと変わるのですが――

毎週日曜の夜は、必ず夕飯を多めにつくって、
近所で一人暮らしをしている義父のところに主人に持って行ってもらい、
二人で夕飯を一緒に食べてもらっています

義理の母が亡くなって、もう数年経ちますが
義父はずっと生きている理由が見つからない、といった様子で
それでも、何とか一人暮らしを続けてくれています

おかげで私は昼間仕事に行けて、お金をかせぐことができる
それは、すごくありがたいことです

だから、せめて週に一度くらいはお料理をもっていって、
義父に週に一度、息子と食事をする楽しみを持ってもらって
そうすれば義父の様子とか、なにか体調の変化とか観察できるし、

何がきっかけだったか忘れちゃったけど
週一の料理を思いついて、主人に相談して協力してもらって
かれこれ半年くらいになりました

義父には、今までも時々、買い物に行かないかー、とか
国技館にお相撲でも見に行かないかー、とか
ちょっと外にご飯を食べに行かないかー、とか、映画は?とか

この数年いろいろ提案してみたけれど、ほぼすべて却下
歩くのもたいへんなのは分かってるし
出かけるのが億劫なのは当然だから、まあ仕方ありません


と・こ・ろ・が!


その義父から、先日突然電話がありました
「エプロンを買ってきてほしい」というのです
なぜなら、近所の公民館でやっている老人向けの



「料理教室に行ってみたい」からだ、と




へえええええええ




もちろん、速攻で買ったわよ、
男の人が着られるデザインのエプロン!

料理教室に行ったら、義父に友達ができるかもしれない
気分転換にだってなるし、
もっとお料理したら健康にいいかもしれない

で、翌日、
主人からお礼を言われました
「毎週お料理をつくってくれて、ありがとう」と

義父が料理教室に行きたいと言い出したのは
きっと私の料理に触発されたからだ、って

何かに前向きになるような気持ちが
まだお父さんの中にあったなんて
信じられなかった

びっくりした、ありがとう、と

え?
そう? 
そ、そ、そうかな

もしホントにそうだったら、私も嬉しい 

えへへ

さて、さらにその翌日が
義父の初めての料理教室の日でした

すごく人見知りなので、
ちゃんと楽しめるか、教わる料理が難しすぎないか、
ずっと立っているのは大変だから、大丈夫か、、、

色々心配していたけれど、夕方電話して聞いたら
「なかなか楽しかった また来月も行きたい」というお返事
思わず電話の前で小躍りしてしまいました

その翌日が、立春でした
私がふてくされてた日です

ちなみにね
義父から「エプロンがほしい」という電話があった日、
わたしは「カップのエース」の説明を読んだところでした

エースのカードの意味は「始まり」です
カップのエースは、あふれるような愛とか喜びとか、
豊かさ、健康などを意味します

ちなみにね、
その翌日、主人にほめられた日
「カップの2」の説明を読んだところでした

「カップの2」は協力とか、心の通い合う、真のパートナーシップを表します

この半年、お義父さんの様子は特に変わったように見えなかったけれど
実はコップに少しずつ水がたまるように
何かが積み重なっていたのかもしれません

ある日突然
コップから水があふれるように、
義父の心に変化が現れたのかもしれません

ひょっとしたら、私のつくってた料理は
全然関係ないのかもしれません

さて、その翌日、お料理教室の日
節分の日

その日読んでいたのは「カップの3」のページです
「カップの3」の意味は、祝福、何かが豊かに実ること、喜びです

立春の日、
私がふてくされながら読んだのは「カップの4」のページです

「カップの4」は、じっと考えるとき、
現実への落胆、
自分の道を改めて考える、という意味なんです

自分を理解しようとする人生のステージに到達したこと、
次のステップを見つけようとしているとき
そういう意味のカード



あれ?



あれれれ?



ひょっとして、私、



カップのカードを現実で生きてる?



いやいやいや、
そんなバカな
でも、ひょっとして?

自分を信じて、カードを引いてみることにしました

どうして私はこんなに自分にがっかりしているのか?

「カップのペイジ」の逆位置が出ました
非現実的な期待、夢みたいな目標、と言う意味です

そう、考えてみれば
義父に料理を届けるようになって半年、
私がライダーズ版の解説書を読みはじめて、半年

義父を見ていて
「ひとの心が上向きになるのに、ずいぶん時間かかったなあー」
と思ったけれど

それって、私も同じじゃん!
義父を頑固な人だなあ、と思っていたけど
私もおなじくらい頑固ってことですね

それに私って
たった半年で日本を代表するようなタロッティストみたいなのを
目指してた気がします

次に、
「では本当に自分がしたいことはなにか
どうやったら、それが分かるのか?」とカードに聞きました

「カップの4」の逆位置が出ました

「カップの4」の逆位置は、
新しい関係、スタート、社会の一員に復帰する用意ができた、
と言う意味

今までは「カップの4」の正位置の状態だった、
つまり目的が分からなかったけれど
その状態が終わったよ、という意味なんです

そうかもしれない

自分のやりたいことを
私は「仕事」と言う観点でしか考えていなかった

けれど、数年前に会社をやめたとき
もっと家族とか自分とか、
大切なものをゆっくり大切にできる毎日を生きたい

そう思ったのを、
いつの間にか忘れていました



私はまさにこういう日々を
生きたかったんだよね



一昔前は、こういうことが起こると
ちょっと調子に乗ってた私

この数年で少し学んだのは
こんなときこそ、今まで以上に謙虚になるべきだ、ということです

こんなステキな出来事があったのは
こうしてこの公園に遊びにきてくださって
こうして最後まで私の愚痴(?)を聞いてくださっている
皆さんのおかげです

神さま、とか、高次の存在、とか?
それは今の私にとってはどこか遠くにある愛の光ではなくて
皆さんのちょっとした応援の気持ちの固まりだと思っています

いつも応援ありがとうございます
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします

*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*
最新ニュースはリタ・コーエンtwitterで 
FBインスタからもお届けしています
今週の陰陽英単語♪をトゥギャッてます
*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*

コップ=カップ=水、、、ですよねぇー
この記事のタイトル考えたときは気づかなかったけど

0

インドは自由の国だった:信号

リタ公園をご散策中の皆さま、
こんにちは(^^)
なんだか最大級の寒波がやってくるらしいですね

わたしはインドで食べたカレーが恋しくって
ちょいちょいカレー屋さんに通っています
東京のカレーの質は実に高いことが分かりました

さて、そのインド

ずばり私の結論を言ってしまうと、
私がインドに行って思ったのは
彼らは「個人の自由」を最大限に優先する、ってこと

インドでおやおや?と思ったことのうち、まずは、
「信号はつけない」
という事象を取り上げてみたいと思います

今回訪問した街、ニューデリー都市圏の人口は約2500万弱(世界3位)、
タージマハールのある古都、アーグラは157万
そして沐浴で有名なワーラーナシーは120万

ご参考までに、東京とその周辺を1つの都市圏としてみたとき
その人口は3800万弱(ダントツで世界一です)
インドの3都市だって、そうとう大きな街であるのが分かります

人がたくさんいます

車も、バイクも、自転車も、
たくさん走っています



だけどインドではほとんど信号を見かけませんでした
信じられないことに、、、



まあ、これはほんの数日旅行しただけの私による
ほんとに限られた観察に基づいた
私の今のところの結論です

でも東京みたいな大都市で
かなりの交通量の道路にもかかわらず
信号はたいていなかった

唯一見かけた信号には、大阪の中心部みたいに
カウンターがついていました
あと○○秒!っていうやつ



では、信号のない交差点では、なにが起きるのか?



自分の行きたい方向に行こうとする車とバイクと自転車と歩行者が
ごっちゃごちゃに行き交います
それだけ

たとえば、神社のお祭りに行って
両側に出店の並んだ細い道を
人がいっぱい行き交ってるとします

それが車とバイクと自転車と歩行者に置き換わって
道幅が片側2車線になる感じです

車も、バイクも、自転車も、歩行者も、
自分が怪我しない程度にギリギリまで
自分の行きたいほうに向かって交差点に突っ込みます

もちろん大混乱です(最初は私には混乱に見えた、と言ったほうがいいかな)
だけど不思議と大ケンカにはならないし
大きな事故も(わたしやあなたが不安に思うほどには)起こっていない

誰も怪我はしたくないし、させたくないし、
誰かに車をぶつけて面倒な思いをするのは自分です
だから全員がお互い気をつけている(自分のために)

そんな大混雑の交差点を通り抜けるのには時間がかかります
すごくかかります
だからインド旅行中は渋滞にさんざん時間を取られました



アタマに来たこともあります



では、、、信号をつけたほうが賢いのか?

時間効率と言う点ではそうかもしれません
いや、多分信号をつけて赤で止まって青で進む、というルールを
全員で守ることにしたほうが、そろそろいいかもしれません

では、なぜインドの人は信号をつけないのか?

彼らは怠けているのか?
野蛮なのか?
後進国なのか?
自分勝手なのか?

これは私の想像だけれど、
インドに人たちは信号を待つより、
自分なりに交差点を通り抜けるほうがいいと思ってるし
ルールが嫌いなんだと思う

お祭りのときの神社の道が込んでて狭いからって
信号つけますか?

どこに何台つけますか?
場所と台数は誰が決めるんでしょうか?
どんな判断基準で?
その判断は正しい?
判断基準は誰が決めるの?
その人は、たとえば毎年それを決める権限があるんでしょうか?

信号とは、個人の自由と公共の福祉を天秤にかけて
まあ、みんなにとっていいことだから、
この場合は個人の自由を少しだけ制限しましょう、ってことかと思います

交通ルールは「公共の福祉」

自分は早くこの道を渡りたい
それは個人の自由
でも信号が赤のときは進まず、お互い順番に進むことにする
それは公共の福祉

では、個人の自由はどこまで制限するのがいいのか
その問いに決まった答えはないですよね
バランスの取り方はそれぞれの文化で違う

そして、インドの人は
個人の自由を可能な限り広く確保しておきたいのだと思う

自分の行動を制約する信号とか交通ルールみたいなものは
最小限に抑えておきたい

裏を返せば
自己責任の人生を受け入れている、
ってことでもある

彼らは
権威は腐敗することをよく知っているように見えます

それはすごく大人の文化

たとえば選挙に立候補して
「補助金を増やす」という公約を掲げたら
インドだと落選するんじゃないの?って気さえする

わたしがインドを美化してるだけかもしれないけれど
でもインドに信号はなかった
それである程度なんとかなっていたんです

それで思い出したんですけれど
政治学的に言うと(かつて政治学専攻)
インドって民主主義と経済発展の相関という点で特異ケースなんです

ある程度、国が経済的に豊かにならないと
民主主義が発展しないのでは、という説があるのですが
かんたんに言うと、インドは貧しいのにすごく民主的なすごく珍しい国

インドは民主主義と経済発展の相関を超絶全否定してます

インド大好きだな!

*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*
最新ニュースはリタ・コーエンtwitterで 
FBインスタからもお届けしています
今週の英単語♪をトゥギャッてます
*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*

0

言葉に乗せる思い

月のない闇夜のリタ公園をご散策の皆さま、
こんばんは!
今日は水瓶座で新月らしいですね

ちなみに、わたしは水瓶座なのですが、
一年でもっとも寒い今頃の、
凍るような空気が大好きです

さて、、、
私はかれこれ20年ほど(?!)通訳や翻訳の仕事をしていますが
学生時代に英語が得意だったわけでも、帰国子女なわけでもありません

だから英語そのものに関しては、未だに苦労しています
ホントです!!

通訳の同僚の大半は帰国子女暦10年以上のバイリンガルばっかり
私の海外経験なんてアメリカに2年留学して、その後1年仕事をしただけ
英語の下手な通訳という不名誉な地位を確立しております(涙

でも昔から「言葉」が好きでした

小学校から中学、高校を通して一番の得意科目はずっと国語で、
大学の学部の専攻は国文学なんです
英語じゃなくって、、、


ひとが言葉を発するとき、そこには何らかの「思い」があります



もちろん単に「本」とか「腕時計」とか
豊かな感情が伴わない場合もあるけれど
たとえば「どうしたの、大丈夫?」には、気持ちがあります

言葉とは、
「思いを乗せて届けるもの」という感じがします

ひとがひとに向けて話す言葉は、単に言葉を置き換えるだけの
「本」→Book
「腕時計」→Wrist Watch、という場合は、実は少ないように思います

たとえば、「どうしたの、大丈夫?」という語りかけの場合、
「どうしたの」には発見、驚きや戸惑いが、
「大丈夫?」には相手を助けたいという気持ちが乗っています

訳すとき、通訳者は一度そういった「話し手の気持ち」を感じ取り
その気持ちをどう言葉で表すか、話し手の言葉のチョイスをベースに考えます
別の言い方をすれば「言葉の置き換えでなく、意味を訳す」んです

同時通訳では話し手の気持ちにずっと寄り添い、
その気持ちを疑似体験しながら
まるで自分が話しているかように「1m後ろを伴走している」感じで訳していきます

もちろん、話し手と自分は別の人間で、別のバックグラウンドを持ち、
全く別の人生経験を積んできたので
「その気持ち、わからない、、、」ということのほうが多いです

そんなときは、話し手の選んだ言葉の意味の本質に立ち返って、
すなおに受け取るようにしています
たとえば、、、

Novel、ノヴェル、という形容詞があります
私の手元のジーニアス英和辞典によると、以下のような意味があります

novel
〔初15c;ラテン語novellus(新しい=new).cf.novel1〕
‐形〔s〕 〔しばしばほめて〕(今までになく)新しい、奇抜な(orignial)、新しい種類の

ネット上の英辞郎on the Webには、以下のような用例と和訳がありました:
novel approach  目新しいやり方[取り組み方]
novel challenge  《a ~》斬新な取り組み

話し手が「新しい」を意味する最も一般的な単語、new(ニュー)を選ばずに、
あえて"novel"という単語を選ぶには、必ず理由があります
その気持ちを汲み取るのが通訳・翻訳の仕事です

目新しい、斬新な、というニュアンスに込められた意味の本質、、、
それは「自分にとって未知のものに出会ったときの軽い拒絶や驚き」
ではないかと私は思います

そんな気持ちが心の中に沸いたとき、
ひとは「目新しい」とか「斬新な」、または「奇抜な」、
つまり「Novelですね」と言いたくなるのだと思います

Novelを辞書で引くと、「目新しい」とか「斬新な」とか
その日本語を当てはめると意味が通る可能性が高いですよ、という
確率の高い単語が並べてあります

残念ながら
「自分にとって未知のものに出会ったときの軽い拒絶や驚き」
とは書いてありません

だから、自分で考えるしかない

どんな単語でも、辞書に並んだ訳語をじっと見つめて
そこにある意味の本質はなにか、
どんな気持ちが奥底にあるかを考えるようにしています

それは、とても知的で面白い作業です


♪―♪―♪


クリスタルの資質について、良く使われる表現に「変化」があります
これは「変化を促す石」だと、よく書いてあるのを見かけます

日本語で「変化」を意味する言葉を挙げてみると、
変化、変容、変質、変態、変形、変貌、などなど!
それぞれニュアンスの異なる単語が山のようにあります

英語だって同じです

チェンジ(change)
トランスフォーメーション(transformation)
メタモルフォーシス(metamorphosis)、などなどなど

トランスミューテ―ション(transmutation)という単語もあります

たとえば「トランスミューテ―ション(transmutation)」には、一般的に以下の意味があります;
‐変形、変質、変化
‐物理用語で、(核反応による元素の変換、核種変換過程
‐錬金術用語として、卑金属の金や銀への変成
‐生物用語で、種の変換

トランスミューテ―ションという言葉に、どんな思いを乗せて届けようとしているのか、、、

使い手の言葉の選択に最大限の敬意を払い、
その意味の本質に立ち返って、
すなおに受け取る

私にできるのは、そこまでです
精神世界ランキング 
そしてそれは、とてもとても知的で面白い作業です!

このカテゴリーに該当する記事はありません。